音楽や食べ物など、集中力を高める方法について

MENU

集中力と運動不足の関係について

スポンサーリンク

集中力と運動不足。
一見、何の関係もなさそうな事柄ですが、実は、この2つには密接な関係があります。
  たとえば、受験を控えている学生が、机に向かって何時間も勉強しようとしているとします。
始めの数時間は集中して勉強に取り組むことができたとしても、だんだんと集中力が切れてきてしまいます。
そうなった時、集中力が切れたと思って無理やり集中しようとしても長続きしなかったり、疲れたり、やる気が起きなくなったりして、ひどい時は勉強するのをやめてしまいます。
 いくら集中しようと努力しても、長時間集中力を持続させるということは難しいのです。
無理をするとかえって集中できなくなってしまう場合もあるのです。
では、どうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

 その問題の解決方法の一つに、運動不足の解消が挙げられます。
脳の働きと体の働きはつながっています。
普段、私たちが感じている感覚よりも、もっと深く関係しているようです。
 長期間、机に向かって勉強している受験生なら、どうしても運動不足になりがちです。
集中力がないとお悩みでしたら、軽いストレッチでもいいので運動をしてみてはいかがでしょうか。
 勉強前に軽い運動をすれば、脳の血流が活発になり、勉強がスムーズにはかどるようになります。
 勉強中に少し運動を取り入れると、気分転換になってリフレッシュできます。
 勉強後に運動をするようにすると、その後集中できるようになり、記憶力も戻ってきます。
運動不足だと感じる人は、軽いものでいいので運動することを心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

集中力と運動不足の関係について関連ページ

スポーツにおいて集中力を高める方法とは