音楽や食べ物など、集中力を高める方法について

MENU

集中力がない子供は病気かどうか見極める

スポンサーリンク

子供はそもそも集中するのが難しいものです。
簡単に言えば好奇心が旺盛だからです。
大人になれば、今は何をしている時で、何をしないといけない時かをよく考えて判断します。
しかし、子供はまだその見分けがつきません。
それゆえに集中力がないのです。
自分の子に集中力がない場合、すぐに学習障害の病気を疑う前にできることがあります。
それは集中力を低下させる様な環境に子供を置かないということです。
子供が勉強するときは、環境を整えます。
近くにおもちゃやテレビゲームがあって集中する方が無理な話です。
また、普段から座る習慣が身についていない場合、これもまた大きな障害となります。
家にいるときにとにかく静かに座る訓練から始めることができます。

スポンサーリンク

もし、やれるだけのことをして、それでも集中力がないのであれば、しつけの原因ではなく、注意欠陥多動障害つまりADHDの可能性があります。
見分け方としては、まず一つのことに全く注意を集中できないことです。
関係ない音、光景、臭いがするとすぐそっちに気が取られ、心ここにあらずになってしまうというのが常であるならその可能性があります。
また計画性、判断力が著しく欠けています。
もしこれをしたらこうなると考えることができません。
急に道路に飛び出したり、高いところに登ったり、突発的に頭より体が動きます。
更にはじっと少しの間座っていられない、座っていても体の一部が常に動いてしまう、例えば、手や足、指や顔の一部といった具合です。
もしこれらの症状が全て当てはまれば、疑いがあるので、医師に相談するのが賢明です。
大切なのは時間をかけて訓練すること、しかし、もし明らかに常識の範囲を超えているなら、病気と考える必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加