音楽や食べ物など、集中力を高める方法について

MENU

集中力がない5歳児への対応

スポンサーリンク

5歳という年齢は、まだ物事をしっかりとは理解できない年齢となります。
ですから、何事におきましても、親がしっかりとサポートしてあげる必要があります。
そして、このぐらいの年齢であれば、親として、子どもの集中力がないということて悩んでいる人も少なくありません。
しかし、このぐらいの年齢であれば、集中力を高めていくことは可能です。
親としてしっかりとした教育をしてあげることで、少しずつにはなるかもしれないのですが、集中力は確実にアップしていきます。
集中力をアップさせるために、とても重要になってきますのが、目標と達成になります。
最初のステップとしては、短時間で構いませんので、数分間、一つのことに集中して取り組ませます。

スポンサーリンク

これが目標になります。
そして、これをやり遂げることができれば、達成したことになります。
親としては目標を達成することができたら、そこで目いっぱい褒めてあげるのです。
基本的にはこれの繰り返しによって、子どもは集中力がアップしていくのです。
やはり、コツコツと努力を積み重ねていくことによって、集中する時間も伸びていくのです。
短時間の集中も難しいという場合は、子どもが一番興味を持っていることについて、取り組ませてみるとよいです。
これは、遊びであっても良いのです。
いかに一つのことに対して、他のことには目もくれずに行っていくことができるか、ここが大きなポイントです。
親の忍耐力も必要になりますが、このようなちょっとした形で良いのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加