音楽や食べ物など、集中力を高める方法について

MENU

人間の集中力の限界にせまる

スポンサーリンク

人間はロボットではありませんので、やはり、人間の集中力の限界というものは、当然あります。
もちろん、年齢によったり、人によったり、個人差というものはございます。
特に大きいのが年齢による集中力の差になります。
一般的には、人間の場合であれば、90分程度は集中力が持続すると言われております。
ただし、これは小学生、中学生、高校生、大学生、そして社会人では大きく異なってくるのです。
小学生の場合であれば、どんなに頑張ったとしても45分程度が限界になってきます。
それが、大学生ぐらいの年齢になってきますと、その倍の90分程度にアップしてきます。
これは、学校での授業時間が物語っております。
そういった部分から授業時間が設定されているのです。

スポンサーリンク

これはあくまで一般論となっておりますから、集中する内容によっても大きく異なってきます。
大人の場合であっても、子どもの場合であっても、自分が好きなことであれば、平均的な集中力持続時間よりも、大幅に集中力が続くものです。
趣味等を例に挙げてみるとわかりますが、自分が好きなことであれば、かなりの持続力となるのです。
これは、大人というよりは、子どもの方が続くケースもございます。
もちろん、人間ですから、いくら好きなことであっても限界はあるわけですが、自分が興味のあるもの、関心のあるもの、趣味となっているものであれば、年齢に問わず、長い時間集中して取り組むことができるという点は、日本国内のみならず、世界的に共通していると言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加