音楽や食べ物など、集中力を高める方法について

MENU

人の集中力の持続可能時間

スポンサーリンク

人は誰しも高い集中力を持つようになりたいと願っているのではないでしょうか。
集中力が高ければ、勉強や仕事の効率も上がり、より少ない労力で高い成果を上げることが可能となり、ひいては高い収入、よい暮らしにつながるのではないかと期待しているからです。
人の集中力というのは、普通、どのくらいの時間持続可能なものだろうかと考えてみたのですが、一般論としての答えを導き出すのは不可能なのではないかと思います。
なぜならば、同じ作業をするにしても、暑いか寒いか快適か、置かれている状況によって大きく結果は変わるでしょうし、もともとその人が持っている素質というものの影響も見逃すわけにはいかないと考えるからです。
飽きっぽい人もいれば、根気強い人もいますから。

スポンサーリンク

 病気のために集中力を持続できないケースは除外して考えたとしても、ほかにも人の集中力の持続時間の長短を左右する重要な因子として、その対象となる作業がなんであるか、つまり作業の内容があげられます。
人は一般に、自分の好きなことや得意なことであれば、集中力を途切れさせることなく長時間続けることができます。
読書好きの人間を本だらけの部屋に入れておいたら一日中本を読んでるかもしれませんが、読書嫌いの人間を同じ状況においても、活字を目にしただけで眠ってしまうかもしれません。
生き物は本能で不快な状況を避け、なるべく快適な状況に身をおこうとします。
そうでなければストレスによる負荷のために早く消耗してしまうからです。
人の集中力がどの位の時間持続するかは、究極的には好きか嫌いかにかかっているのかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加