音楽や食べ物など、集中力を高める方法について

MENU

集中力や勉強ができる脳に遺伝はあまり関係ありません

スポンサーリンク

生物学的にいろんなことに対して「向いている」こと、「向いていない」ことなど、それには遺伝が関係しているのではないかと言うこともありますが、すべてがすべて遺伝が関係しているとは限りません。
アルツハイマーやがんのような病気は遺伝すると言われておりますが、集中力や勉強ができる脳というものには遺伝はあまり関係ないと考えられております。
勉強できる子供でのデータを発表していた人がいたのですが、父親と母親両方とも勉強ができる間に生まれた子供が勉強をできるようになる確率は高いです。
しかし、父親と母親の両方とも勉強ができない間に生まれてきた子供でも、3パーセントの確立で勉強ができる子供が生まれてきているのです。

スポンサーリンク

たった3パーセントと思われるかもしれませんが100人中3人が、勉強できると言うことなのです。
これは意外と多い数字となります。
考えられるのは、集中力のある子供や子供を勉強をする脳にさせるというものは「環境」が大事なのだと考えられます。
それは勉強に限らず、プレゼンでも言える話です。
プレゼンは人前でプレゼンテーションを行なわなければなりませんが、集中力よりも緊張感のほうが前に出てきてしまっては、何も話すことができなくなり、せっかく考えた内容が一気に駄目になってしまうこともあります。
集中力や勉強ができる脳になるためには、そのような環境の中で「鍛える」ことが重要なのです。
身体を動かして鍛えるように、脳も動かして鍛えていかなければならないのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加